相続税とはどんな税金?

大切な人が亡くなった際には、故人を偲びお葬式などを挙げます。
この手配などで、暫くは悲しみに身を投じる暇もないほどでしょう。
身内が亡くなった場合、行わなければならないのは葬式だけではありません。
相続税の申請が必要です。
この相続税とはどのような税金なのでしょうか?

相続税についてまとめてみましたので、相続税にお困りの方はぜひ、このサイトを活用してください。
相続税とは、亡くなった人からの財産を相続した際にかかってくる税金のことを指します。
相続が発生するケースとしては、次のようなものがあります。
1)故人が相続人(相続を受ける人)を決めていない場合
2)故人が財産の譲渡先を遺言によって決めている場合(遺贈)
3)故人が生前に財産の譲渡先を契約で決めている場合(死因贈与)

この「遺贈」と「死因贈与」は同一視されがちですが、厳密には異なりますので注意が必要です。
「遺贈」は故人が財産の譲渡先を一方的に決めたものであるのに対して、「死因贈与」は故人と相続人が協議し、納得した上で財産の譲渡先を契約として結ぶものです。
相続が発生した場合、申告から納税まで10ヶ月ほどしか時間がありません。
相続税の対象外の財産などもあるため、相続が発生した場合は税理士などに相談することをおすすめします。
税理士や弁護士に相談することによって、対象外の財産が遺産相続に紛れ込んでいた場合も、控除することができるのです。