相続税の税制が改正?

皆さんは、2015年に相続税の税制が改正されることをご存知ですか?
相続税には、本来基礎控除というものが設けられています。
この基礎控除額を相続する遺産から引いた額が課税対象となります。

2014年現在、この基礎控除額は5000万円+法定相続人1人当たり1000万円と法律で定まっています。
相続する遺産から基礎控除を引いた残りの額が課税対象額となり、課税対象額が大きいほど税率が高くなります。
現在は相続が発生した時に課税されるのは全体の4%程度となっています。
しかし2015年の法改正により、基礎控除の額が減額されることが決定しました。
基礎控除額は3000万円+法定相続人1人あたり600万円と大きく減額されます。
この法改正により課税対象が、6%に増えることが予想されています。

地価の高い東京国税局圏内の課税対象者の割合は2011年では7%ですが、法改正のある2015年には課税される対象者20%~30%になるのではないかと予想されています。
しかし、基礎控除減額の法改正と共に税の軽減策も同時に行われる事が決定しています。
同居していることが条件にはなりますが、土地の評価額を最大8割まで減らすことの出来る小規模宅地の特例が、2015年からは330平方メートルに変更になります。